新闻动态

<<返回上一页

製品家企業は、このような「奪還」市場を使っ

发布时间:2018-10-13 13:04来源:未知点击:

2016年は「カスタマイズ元年」と呼ばれ、2017年は「カスタマイズ年」であり、現在では「カスタマイズ年」の定義が誕生し、家具市場をカスタマイズして輝かしい発展を示している。
 
 
 
カスタム企業の近年の「野蛮な成長」は、製品の家具企業に小さな圧力を与え、さらに多くの製品の家具企業を転換の道に追い込んだ。
 
 
 
しかし、完成品の家具企業は、カスタマイズする必要がありますが、複数の圧力に直面する必要があります。
 
 
 
完成品の家具は本当に歴史の果てまで歩いていますか?実はそうではない。
 
 
 
家具専門店の古いモードの吸引力が消えた
 
カスタマイズした企業と注文した後に生産が異なります。製品の製品は先に製品を出して、また消費者を引き付けて購入します。
 
 
 
既製の家具は伝統的な店や売り場の展示方式で老朽化し、長年の製品の陳列方式を用いて、新たに変化を求める若い消費者に対して、だんだん魅力を失いつつある。店の常態となっている。
 
 
 
対照的に、異域からのイケアは、完成品の家具を売っていて、店を開くごとに人気が高い。
 
 
 
違いは、イケアでは、消費者はショッピングのように家具本体の店を見物することができ、イケアも消費者の体験を励まし、新聞では常に若い人がイケアのベッドで寝ているというニュースが多い。実はここはイケアの経営秘密を隠しています:実体の店はすべて宮殿のように恐れられますか?親民の実体店では、人に購入衝動を与えやすい。
 
 
 
そこで、多くの製品の家具のブランドは専門店の生活化の可能性を真剣に考え始めた。これは、完成品の家具生活館が生まれた要因の一つだ。
 
 
 
輸入のハイエンド家具専門店では、生活館式の完成品の家具の販売はずっと悪くて、これも完成品の家具企業の多くの連想を触発した。
 
 
 
家具業界だけでなく、この体験式消費ブームは国内の各業種を席巻している。生活館、つまり生活様式の一つの体験が、消費者の身に身を向けた感じで、本質は小売端末のイノベーションである。新たな美を持つ時代に、多くの人から愛されやすい。